FC2ブログ

シワガラの滝’07

平成19年10月3日(水)
場所:兵庫県新温泉町

 昨年6月に「兵庫の滝めぐり」さんに同行させていただいたこの滝。
是非再訪したいけれど女性一人では無理と思っていたところ「花と季節の写真集」の遥人さんが行くと言われるので同行させていただくことになりました。

昨年のシワガラの滝はこちら
http://taki163.blog20.fc2.com/blog-entry-27.html




 朝7時赤穂市内を出発。いつもこの方面には山陽道、播但有料道路を経て豊岡方面から新温泉町に行っていましたが今回いろいろな方からのアドバイスや遥人さんの長年のキャリアから上郡を抜け智頭町、そして雨滝街道からR9号に抜け新温泉町海上に向かいました。
 途中の佐用では思いがけない美しさの彼岸花の光景に出会い車を止めてパチパチ(こちら)少し時間をとり河原から郡家を通り雨滝街道へと入って行きました。雨滝への道路は殿ダム工事のため一部新しい道路ができています。雨滝を通り越しR9号へと進み目的地へ10時半到着。やはりいつも行く時間よりは早く着きました。

 駐車場は2台ぐらいのスペース、端に止め身支度を整えて出発。最初は広い遊歩道、その脇には小さな滝の様な美しい流れ(布滝かと思いましたが違うようです)そして桂の滝(桂の滝は大きなスズメバチの巣があるため禁止となっていました)とシワガラの滝への分岐を過ぎると登山道のような細い道になります。危険と思われるところはロープや鎖もあり安心して進むことができます。
 シワガラの滝道標のところで前回は長靴に履き替えましたが今回は水量も少ないのでそのままトレッキングシューズで行くことにしました。沢を左に見て進んでいましたが前回あったはしごがなくなっていましたのでここから反対側を進むことにしました。何回か引き上げていただきながら洞窟前に到着。以前と変わらぬ美しさに息を呑む思いでした。
 ここでビーチに履き替え脱げないようにゴムでくくりつけ水の中を歩きました。前回ほどの水量もなく楽勝と思われましたがやはり流れがあり少々歩きにくかったです。遥人さんは素足で入って行きました。ここでの足元がもし次回来ることがあれば課題です。
 洞窟内ではそれぞれに写真に夢中。洞窟内から見る滝は水量は多くはないものの苔の美しさとその厳かな流れがまた神秘的でなんとも言いがたい感情がわきあがります。
 思い思いに写真を撮り洞窟を出てまたまた写真。そして来た道を引き返してきました。途中大文字草や色々な山野草や綺麗なヤマカカシにも出会えましたが最後駐車場手前で遥人さんが真新しい大きな動物の足跡を見つけました。熊ではないようなのでいのししかなぁと良いながら駐車場へと向かい濡れたズボンを履き替え帰路に着きました。

 帰りはR9号バイパスから29号線に抜けて佐用を通り5時半帰宅でした。
同行させていただいた遥人さんありがとうございました<(_ _)><(_ _)>




シワガラの滝


後の写真はこちら
http://www.photohighway.co.jp/AlbumPage.asp?un=1267&key=2029776&m=0

 

line

諸々の水の音

夏に訪れた小さな滝や渓谷の水の音
立派とはいえないかもしれないけどそれぞれにやはり美しい調べが聞こえてきました。




天人淵 1



天人淵 2


千種 1



白雲の滝


今滝・・・1



深谷の滝


越畑の滝

theme : 水のある風景
genre : 写真

line

闘龍灘

兵庫県加東市上滝野
     平成19年7月18日(水)

 社町の平池公園で蓮を納めて闘龍灘へと向かった。
街の中の駐車場に車を置き3分、激しい流れの音が聞えてきた。
奇岩が河一杯に広がりそこを流れる様は本当に海でのうねりの様。
梅雨時と言うこともあり水量も多いのだろうか河ではシラサギ、ゴイサギなどが遊んでいた。
 落差はさほどなく滝と呼べるかどうか判らないがでもあの様は本当に素晴らしい迫力があり滝の先輩と同様滝に分類した。




豪快な流れ



DSC_5890.jpg


ホテルのレストランから見ると落差が判る


こういう岩の間を流れていく



line

猿壷の滝(苔滝)・畑ヶ平の滝たち・久津山天ヶ滝


兵庫県新温泉町(上山高原)
平成19年6月27日(水)

 この滝の写真を滝の大先輩が持ってきてくださり、本当に美しく是非この目でと思っていた所、この滝の情報を聞かれた方が次々と訪問されているのででは・・・とちょっと遠出ではありますが行ってきました。

 新温泉町は湯村温泉方面で我が家からだとかなり距離がありどこから行こうかと思案。R29号線から9号線に入るかまたは雨滝から上山高原に入るか、それとも播但有料道路から上るか・・。
 結局播但有料道路から村岡を通り行く事にする。
 7:30自宅出発、赤穂ICから山陽道を経て播但道で和田山に。その後R9号に入り湯村温泉を通りぬけ「おもしろ昆虫化石館」の所を左折。  
 その後シワガラの滝方面への分岐を直進し「上山高原ふるさと館」に立ち寄る。ここで地図(上山高原ガイドマップ)200円を購入。地図を見ると本当に滝の宝庫といっても過言でないくらいの滝がある。ふるさと館の方に猿壷の滝の事をお伺いすると「私達は滝とは捉えていないのですが・・・」と言われた。大きな滝をたくさん抱えているからかな・・?
 ふるさと館を後に霧ヶ滝方面から畑ヶ平(はたけがなる)方面へのジグザグの道を走る。途中何箇所か工事はしているものの舗装はされており滝への道としては楽勝・・・走る道中「お面ヶ滝」「鶴滝」「亀滝」などの標識を確認しながら行っていると教えていただいた大きなカーブに錆びたガードレール発見!!11:00着。車をUターンして通行の邪魔にならないところに駐車しいざ出発。
 友達から長靴必携と言われたものの大きな24cmの長靴しかなく、以前難儀したのでとりあえずトレッキングシューズに履き替え、ビーチサンダルを持った。教えていただいたとおりガードレールの横に踏み後があった。うっそうとした中に入って行くのにちょっと戸惑ったが100m程といわれていたので入って行った。途中ぬかるみもあったがシューズで何とか通り抜け、水の中は途中でビーチサンダルに履き替えた。水が本当に冷たく足がじ~~んとしたがさほど歩くわけでもないので無事滝前に到着。写真で見るのも素敵だが実際に見るのはもっと美しい。この滝を滝と呼ばないなんて・・・(@_@;)
 時間を費やしその後亀滝により鶴滝にも寄るつもりだったが気が付けば通りすぎてしまってお面ヶ滝まで来てしまっていた。この滝にも近寄ろうと上を目指すが足元のバランスが悪く、上る途中で足を踏み外し石と石の間にはそまれた形になってしまった。捻挫したかと思ったが擦り傷だけでなんとか治まり上に行くのはあきらめた。残念・・・。
 でも一人の時は用心深くが私の心がけの第一・・・
 その分時間があったので村岡の久津山天ヶ滝に立ち寄った。お不動さんの前を通り10分ほど上るだけでとっても素晴らしい滝に出会えました。帰りは新しく出来た八鹿町の道の駅に立ち寄り今日はじめての休憩。




全景・・・落差5mほどですが美しいです



左の滝


右の滝・・・鳥かごのようでしょう


もう一度真正面から・・



滝つぼ前・・・


きのこさんが主役♪


亀滝



お面ヶ滝


久津山天ヶ滝


もうすぐギボウシが咲きそう♪



line

逆水の滝、一の渡り滝、三ッ滝

兵庫県宍粟市&養父市
平成19年6月6日(水)

 逆水の滝…ネットの友達のあの素敵なベールの滝姿に魅せられながらも私の車では到底走れない悪路。かといって歩いていくほどの元気も無く憧ればかりが募っていた所ネットの友達よりお誘いいただき急遽いけることになり嬉しくって…。

 いつものように29号線を走り道の駅波賀にて合流。挨拶もソコソコに同行させていただく。ヤマメ茶屋は何度も行ったことがあるがそこから向こうは初めて。聞く所によると凄い道らしい。ズンズン奥に進み羊滝の案内板を横目に走っていく。聞いている通り凄い道に車は左右にゴトンゴトン(>_<)走りなれていらっしゃるのかハンドルはシッカリ。
 逆水の滝へは以前は道が無く歩いて遡上された苦労話をお聞きしながら無事到着。
 荷物をこしらえ下へと降りていく。少し下りると滝の音が聞えてき足も軽やかに・・・
 ん、本当に美しくしばし見とれる。この滝を下から数時間歩いてたどり着いた時の兵庫の滝めぐりさんの感動はもっともっと数倍もあった事が手に取るように伝わる。直下に流れる滝はまるで先日TVでみた芸能人のウェディングベールを思い起こした。また新緑が本当に美しい・・・
 同行させていただいて本当に良かった(^^♪
暫し、パチパチ・・・
 
その後前回行けなかった横行渓谷の三ッ滝へと案内していただく。一つ目、二つ目、三つ目・・それぞれに流れが違う。三つ目はあまり水が流れていなく残念・・でも岩肌が面白い。二つ目は優雅・・
 ここでもしばしパチパチ。ありがとうございます_(_^_)_ 驚いた事に以前私があきらめた所からは車で5分くらいの所でした。でも前回の訪問が無かったから今回のこの美しい新緑の時期の滝に出会えたのかも・・。
 三ッ滝を後に横行渓谷を走りこちらも以前わからなかった「一の渡り滝」へと案内していただく。道からは見えにく車で走るだけでは見過ごしてしまう。こちらの滝も3段の不思議な滝。真ん中の滝壷が神秘的な色をしていたのが印象的でした。
 
 今回は時間に制限がありご迷惑をおかけしながらの同行ありがとうございました_(_^_)_
 



【逆水の滝】

 逆水の滝 全景



反対側から・・

落下する水も優しげ・・


【三ッ滝】


一の滝・・・ちょっと木陰で見えにくかった_(_^_)_



二の滝   優雅の一言!!



二の滝



三の滝・・・水なく残念、でも新緑が美しいでしょう


【一の渡り滝】

三段の変わった滝でした


木漏れ日の中の上段の滝


二段目の滝 滝つぼに落ちる姿が迫力満点でした



二段目から三段目へ・・





帰りに千種町のイロハ滝に寄って来ました。
渓谷が綺麗でした。

水に映える緑が素敵でした



line
line

line
プロフィール

hiro

  • Author:hiro
  • 発信   兵庫県
    性別   女性
    血液型  B型
    星座   みずかめ座

    ※姉妹ブログ「過去りし日々」
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line