FC2ブログ

水ヶ野滝・千檀の滝(新田不動滝)

平成20年4月9日(水)

 近くて遠い滝、新田不動の滝。
 あまり体力を使わない滝と思い以前ロケハンがてらのドライブで遠目で眺めた滝へと出かけた。
山陽ICから播但有料道路へと向かい神崎南ICでおりる。R312を少し走り神崎総合病院前を右折。
 そのまま越知川に沿って走り、新田ふるさと村へ向かう。
 ふるさと村には立派な駐車場があるのですが使用者意外は駐車禁止。そのため神社前の3台ぐらい置ける空き地に駐車。そのまま標識に従って遊歩道を歩いた。
 鹿やいのししなどの害から守るためf鉄の扉がありそこをあけ再びあるく、門のところの案内板で不動の滝は2つの雌雄の滝があると知った。下の滝が雌滝の水ヶ野滝(せみずがのたき)、上の滝が雄滝の千壇の滝というらしい。そういえば以前ネッ友の方が写真持ってきてくださったのを思い出した。
 歩いて10~15分ほどで水ヶ野滝に到着。ちょっと水は少なめ涙
 
 ここで上の滝に行くかどうか思案するがせっかく来たのと、時間がまだ早かったので登ることにした。
 途中イチリンソウが目を楽しませてくれるが階段の下に来ると目が点になった。
階段のところには「急階段142段、体力に自信のない方は水ヶ野滝に引き返してください」の看板。
その看板のとおり本当に急な階段。昨年の雨滝から筥滝に向かう階段を思い出すが、あの階段の方がまだゆるかったし少なかった気がする。
 それでも1段1段数えながら50段でちょっとお休み、なんなく「河童の皿」といわれる見晴台に到着。
それから何度か小さな流れを横切ったり、倒木をまたいだり丸太を渡ったりで20分ほどで千檀の滝に到着。苦労してきたのに肝心の水はほとんど流れていなかった(ノ△・。)
 やはり雪解け直後でないと駄目なのかな・・
 本当は滝口のほうまでいけるようだがこれ以上は私には無理と引き返した。

のぼりの階段はまだ大丈夫だったが降りる時は上から見ると怖い感じがする。カメラをリュックに仕舞い、三脚もリュックにくくりつけ両手を空けて手すりにつかまりながらゆっくりゆっくり降りた・・・(゜_゜i)タラー・・・

 帰りに水ヶ野滝をパチパチ。どちらの滝も水量に恵まれませんでしたがお天気に恵まれてよかったです。雨ではあの階段危ないです。

蛇足ですが、山間に群生しているミツマタの花が満開ですばらしい景色です。
また越知川にかかるこいのぼりもすごいです。
もちろん帰りには越知水を購入。こちらの水は自然水には珍しくRO処理されています。




こんなはずではなかった(ノ△・。) 千壇の滝


千檀の滝への道中・・これだけが救い


落ち葉と遊びました


水ヶ野滝


水と遊んでみました


杉の木とミツマタ


参考・・・




 

theme : 滝、渓流の写真
genre : 写真

line

延ヶ滝・行者の滝・小滝不動の滝

平成20年3月19日(水)

 前日、兵庫の滝めぐりさんから、私が行きたくってなかなか行けなかった山崎町の延ヶ滝へ案内してくださるという連絡をいただいた。なんども近くまでは行っているのだがいまいち違うような気がして引き返している滝なのでもちろんお願いしました。
 ところが当日目が覚めると雨端、螯rヲWヌy、J、OニヌMニGニ
 どうしようかなと思いつつ所用を済ませるため出かける。用事を済ませてとにかく山崎方面に向かう。どうかなぁ・・・。途中管理人さんから連絡をいただきせめて延ヶ滝だけでも行きたいと申し出た。
雨の中ごめんなさいm(_ _"m)ペコリ

 道の駅で待ち合わせ車に乗せていただき、以前通った道を通る。この道で合っている。
インド料理の店があり、以前はこの手前の所の滝の案内板を見てこのわき道を上がっていった。でもどうも違うような気がして引き返してきた。管理人さんはここではなく今上がってきた道を直進し、どんどん上へ上へと車を走らせた。すると道路下に豪快な滝が見えてきた。
 なんと歩いて山を上がると思っていたのに道路下なんてすごくラッキー。残念ながら雨も本降り状態になり写真もままならなかったが、管理人さんが傘を持ってくださり何とか数枚パチパチ。ありがとうございました。場所もわかったので次回はお天気の良い日に再訪します。

 このあと、こちらもわかってはいるけれどなかなか立ち寄れなかった「行者の滝」「小滝不動の滝」へと案内していただきました。小滝不動の滝では管理人さんも初めてみる水量と言われているように本当にすばらしい滝模様が見れました。
雨の中すばらしい滝3本もみれて本当に感謝です。




延ヶ滝全景


滝上部から一気に・・


行者の滝・・女性的でしょ


滝つぼもゆったり・・


小滝不動の滝・・素敵でしょ


アップ♪


お不動さん? こんなのは初めて見ます


こちらが良く見るお不動さんなんですが・・


横顔も素敵な滝でした



追記・・・7枚目の写真ですが、私が変わったお不動さんと思っていた石仏は、役ノ小角(役行者・えん のぎょうじゃ)様の石仏と教えていただきました。
 役の行者という名前は聞いたことはあるのですが、知識の乏しい私はどんな方が知りませんでした。
 今回検索して調べましたら全国各地の山々を80山開山し、山岳仏教の祖とも書かれていました。
 教えていただいた友達は「元祖滝メグラー」と言われていましたが私にはその方がピッタリです。
 それにしてもこんな近くにそんな方の石仏があるなんて・・・・・。


theme : 滝、渓流の写真
genre : 写真

line

若杉不動の滝

平成20年3月5日(水)/

 2月は滝には行けずでしたが今月こそと張り切って行って来ました。
ほどほどの所で雪があればなお良し。
 七種の滝などと思ってネッ友に情報をいただくが思ったとおり今の時期は面白くないとsn
 では延ヶ滝などどうだろと出発。地元はいい天気だったのに龍野を過ぎたあたりから遠くが真っ白になってきている。あれは雪だろうな・・という思いが的中。
山崎に近くなるにつれ雪がかなり多く振ってきた。どうしようかなと迷いつつ道が安心と思える所を思い浮かべる。と同時に引き原ダムにも行って見たいし・・・
 と、いうことで何度も行った事のある「若杉不動の滝」に決定・・

 29号線を北へと走り引き原ダムで冬景色をkissDN
 そして戸倉から養父へと走った。思ったとおり除雪されており少しぐらいはあるものの走るには支障なし。いつもの橋の所に車を止め長靴に履き替えGO!!
 途中何度もズボっとひざ上まではまるがまぁまぁこれくらいならOK.。
前に歩かれている足後に沿って進んでいくと少しは歩きやすい。
 
 滝前に着くとやはり雪が多く三脚立てるのに不安定。雪を踏みしめ何とかスペースを作りパチパチ。
橋向こうに行きたいが雪は40センチほど積もっており思案・・下に下りるには足が届きそうもないのでやはり橋の端を渡ることにした。三脚はこういうとき便利・・
 パチパチしているとふいに声をかけられた・・だれも来ないと思っていたのにびっくりbikkuri01
 でもおかげで帰りは歩きやすかった。

帰りに世界の梅公園に立ち寄って春を

過ぎ去りし日々




いつもながら落差はないけれど端正な滝です


三角窓の冬景色が撮りたくって・・


元気でしょ・・


これ橋・・・この茶色いとこ通りました・・蟹さん歩き


ね、低い滝でしょ・・


腰は女性的かな・・・


おまけ・・・

DSCF3709-1.jpg





theme : 滝、渓流の写真
genre : 写真

line

大釜の滝・鉈取淵の滝・原不動の滝

平成20年1月31日(水)/

 今日も雪の滝を求めて出かけることにした。兵庫の滝なのでゆっくりと出発。
前回立ち寄った飛龍の滝も脳裏を掠めたが目指すは「三室の滝」
 上郡を抜け上月から千種へと走る。ここはいつも水を汲みに走る道、雪があるかと思ったがまったくなし。
 それでも千種に入ると道路脇には雪が積まれている。千種高原と三室高原との分岐を直線にとり三室高原へと走った。だんだん雪深くなってきたのでちょっぴり不安がよぎったがやはり不安的中、人家が途切れたところをずんずん奥に進んだが途中からは車の通った後がない。
それでもなんとかあがっていったのだが、私の車では深雪をふみながら走るのはやはり無理だった。少し広いところでUターンし千種高原へと向かった。こちらはスキー場があるため除雪されておりスイスイとはしれた。
 鍋ヶ谷渓谷は雪に包まれ美しかった。道路脇に積まれた雪を一歩一歩踏み固めながら休憩小屋へと進んだ。そしてその後大釜の滝に。大釜の滝は一部氷が張っていた。

 大釜の滝の後いつもの「行者の水」の水組み場に車を止め前回間違えた「鉈取淵の滝」へと歩いた。何度も何度も水を汲みに来ているのに滝があることを知らなかったが「兵庫の滝めぐり」のmaruichiさんに教えていただいた。私の足と雪道では5分のところが15分ほどかかったがきれいな滝を見ることができた。 夏ならここまで車でもOKかな・・。

 鉈取淵の滝を後に時間もまだ少し早かったのでそのまま波賀町に抜け滝100選に選ばれている原不動の滝に向かった。
 こちらも駐車場まではスイスイ、そこからは雪の中を歩きつり橋を渡り上部のつり橋へと登る。雪の斜面は滑りやすく慎重になったが残念ながら滝の周りに雪はなかった。
 どうも今年はチグハグになっているようです。




雪を白くて難しい・・(^▽^;)


雪と流れはもっと難しい(^▽^;)


大釜の滝


大釜の滝前渓谷


鉈取淵の滝・・本当は滝前は広いはずなのですが・・


原不動の滝・・いつも美しい姿を見せてくれます


上から下の滝に・・本当は三段かな・・


そして横からの滝と合流・・つり橋からはこれが限界





line

比地の滝・明神滝

平成19年11月21日(水)

 先週も所要が入り滝はお預け(ーー;) 今週こそはと思って出かけようとするが朝から次々来客があり出遅れた。それでも滝に向かってGO!! そうそう会計事務所に電話を入れておかないと・・・と思いTEL。・・すると先生がこちらにお越しいただけますか?あぁこれで今回も大幅に予定が変更涙

 大分遅れたけれどとりあえず用事も終わったし滝に行くことに・・・
今回の予定は宍粟市の「比地の滝」「原不動の滝」「明神滝」そして大屋町の「若杉不動滝」 全部行けるかな・・?
 
 いつもなら山陽道から竜野を抜け山崎に入るが今回は市内まで出ていたので引き返さずそのまま相生を抜け竜野から山崎に入った。目指すは県立国見の森公園。この公園の中から比地の滝まで歩いて15分ぐらい。途中獣の糞のにおいに顔をしかめながら行くと目の前にまっ黄色が目に飛び込む。イチョウの絨毯にわくわくしながらも取り敢えずはお参りぺこり
  このお社の横に滝とほぼ平行に大きなイチョウの木があります。できればもう少し横にあれば嬉しいけれど・・・・・

 比地の滝でとりあえずパチパチ・・・その後先週見せていただいた原不動の滝をどうしようかと迷うがやはり時間的に無理と思い音水渓谷の「明神滝」に行くことにした。
 R29号を北上し引原ダムの手前、音水渓谷の案内板に従い左折する。そのまま直進して進むとだんだん道が悪くなり「いけるのだろうか?」と思うような道になる。(私も一度目は行けないのではと途中で引き返した)滝友だちから「道は悪いけどゆっくりいくと行けます」と聞いてからはゆっくりと走って駐車スペースまで行っているがやはり石が落ちてこないかやはり不安(>_<")
 駐車場手前に一台、そして駐車場に一台先客がありましたが滝の下方での撮影でした。きっと渓谷を撮りに来ているんだろうな・・・・
 駐車場から滝前までは10分もかからず行くことができます。ごろごろ石の上を歩いて下りていくと眼前に綺麗な2条の滝が現れました。この2条の流れは別の別の河の流れだとか・・・珍しいですね。 こちらで少々時間を取り過ぎたのと雨模様になってきたので若杉不動の滝は行かず帰宅。
 今回もあわただしい滝見でした(ーー;)



比地の滝とイチョウ


この滝口の黄色はなんだろう・・と思うのだがイチョウかな?


滝つぼ


岩肌のイチョウが艶やかでしょ


ちょっと一休み♪


明神滝


明神滝と滝つぼからの流れ


滝左側


滝から振り返ると・・・





line
line

line
プロフィール

hiro

  • Author:hiro
  • 発信   兵庫県
    性別   女性
    血液型  B型
    星座   みずかめ座

    ※姉妹ブログ「過去りし日々」
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line