スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

逆水の滝、一の渡り滝、三ッ滝

兵庫県宍粟市&養父市
平成19年6月6日(水)

 逆水の滝…ネットの友達のあの素敵なベールの滝姿に魅せられながらも私の車では到底走れない悪路。かといって歩いていくほどの元気も無く憧ればかりが募っていた所ネットの友達よりお誘いいただき急遽いけることになり嬉しくって…。

 いつものように29号線を走り道の駅波賀にて合流。挨拶もソコソコに同行させていただく。ヤマメ茶屋は何度も行ったことがあるがそこから向こうは初めて。聞く所によると凄い道らしい。ズンズン奥に進み羊滝の案内板を横目に走っていく。聞いている通り凄い道に車は左右にゴトンゴトン(>_<)走りなれていらっしゃるのかハンドルはシッカリ。
 逆水の滝へは以前は道が無く歩いて遡上された苦労話をお聞きしながら無事到着。
 荷物をこしらえ下へと降りていく。少し下りると滝の音が聞えてき足も軽やかに・・・
 ん、本当に美しくしばし見とれる。この滝を下から数時間歩いてたどり着いた時の兵庫の滝めぐりさんの感動はもっともっと数倍もあった事が手に取るように伝わる。直下に流れる滝はまるで先日TVでみた芸能人のウェディングベールを思い起こした。また新緑が本当に美しい・・・
 同行させていただいて本当に良かった(^^♪
暫し、パチパチ・・・
 
その後前回行けなかった横行渓谷の三ッ滝へと案内していただく。一つ目、二つ目、三つ目・・それぞれに流れが違う。三つ目はあまり水が流れていなく残念・・でも岩肌が面白い。二つ目は優雅・・
 ここでもしばしパチパチ。ありがとうございます_(_^_)_ 驚いた事に以前私があきらめた所からは車で5分くらいの所でした。でも前回の訪問が無かったから今回のこの美しい新緑の時期の滝に出会えたのかも・・。
 三ッ滝を後に横行渓谷を走りこちらも以前わからなかった「一の渡り滝」へと案内していただく。道からは見えにく車で走るだけでは見過ごしてしまう。こちらの滝も3段の不思議な滝。真ん中の滝壷が神秘的な色をしていたのが印象的でした。
 
 今回は時間に制限がありご迷惑をおかけしながらの同行ありがとうございました_(_^_)_
 



【逆水の滝】

 逆水の滝 全景



反対側から・・

落下する水も優しげ・・


【三ッ滝】


一の滝・・・ちょっと木陰で見えにくかった_(_^_)_



二の滝   優雅の一言!!



二の滝



三の滝・・・水なく残念、でも新緑が美しいでしょう


【一の渡り滝】

三段の変わった滝でした


木漏れ日の中の上段の滝


二段目の滝 滝つぼに落ちる姿が迫力満点でした



二段目から三段目へ・・





帰りに千種町のイロハ滝に寄って来ました。
渓谷が綺麗でした。

水に映える緑が素敵でした



スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

はやっ!

アルバム見に来てくれてありがと!
ねおんちゃんと夜中仲間だね♪
今日は早く寝るぞい!

hiroりんの滝。
最近はいっつも安心して見てる♪
前はね、「もっとこっちから見たい~~!」
なんてね生意気に思ったりしたけど(^^;

今度は「hiroりんの滝!」が見れる。
そう、弾ける滝を持って来てくれたように
hiroりんの「あっ!」もまた撮ってきてね♪
hiroワールド楽しみ~~~(^0^)

のんちゃん

いつもありがとう・・・
今日は早く寝るぞい!>>早いって行ってもこの時間でしょ、早く寝ないとお肌が・・・

滝のキラッが撮れるようになればいいなと思っているけど中々です。


お疲れ。

先日は、お疲れ様でした。逆水では生憎の小雨模様でしたが、また違った雰囲気の良い写真に仕上ってますねえ。Fujiが欲しいと言ってましたが、D70も渋くて良いですね。
次は「流水の滝」にでも行きましょうか≧(´▽`)≦アハハ

お世話になりました

逆水の滝は本当に素敵でした。
ありがとうございました。
今回は正統派で写真パチしました。
秋の頃も綺麗でしょうね・・・

流水の滝で検索しましたが屋形船ででました。
後でmaruichiさんのところで確認しますね(^^♪

逆水の滝

すらっとしたスタイルの良い滝ですね~
飛沫も上品に見えます。
一の渡り滝も面白いですね。
最後の渓谷の水が透き通っていて美しいです。

hiroりん

素晴らしい滝が1度にこんな沢山見られたの@@?
良い旅になって良かった~~(^^♪

のんちんが言うように安心して見られるって
凄い事だよ(^_^)v

フジのカメラ私も欲しくなった^^^^;

あおのさん

いつもありがとうございます_(_^_)_

一の渡り滝、こちらは前回通りながら気が付かなかった滝です。
真ん中の滝つぼが8mはあるかと言われていました。
渓谷はいつか一度ゆっくりと挑戦してみたい材料です。

neonさん

旅・・・ってそんなに遠く無いのです(^^ゞ
ただ私の車では到底通れない林道、そして下って行く滝。
私一人では中々行けない滝なんです。
本当に嬉しかったです。

素敵な滝でしょう・・・

fujiのカメラ欲しいなぁ・・・
せめてD200くらいまで下がれば良いのに(ーー;)
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

hiro

  • Author:hiro
  • 発信   兵庫県
    性別   女性
    血液型  B型
    星座   みずかめ座

    ※姉妹ブログ「過去りし日々」
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。