FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

古屋不動滝

岡山県真庭市
平成19年5月30日(水)/

 早朝より雨。どうしようかと思いつつ家事を済ませた。
ネッ友から教えていただいたオオヤマレンゲのお寺さんに行こうかな・・・雨は西からと言うのでもしかしたら上るかも・・・と期待を込めて出発。
 いつものように英田サーキットを横目に走り中国道の美作インターにのる。湯原ICをおり美甘町の玉泉寺に向かおうかと思ったがここまでくればやはり「古屋不動滝」をロケハンしなくてはと・・・B型はいつもアバウト・・
 R313の湯原温泉郷を抜けしばらく走ると「古屋不動滝」の看板があり右折。猪よけのトタンがありちょっと狭く感じるが大丈夫、2kほど案内板に沿って走ると山の中とは思えない駐車場に整備された広場、石碑。
ふれあいの森として整備されている。
 車から降り立つと大雨の様相、モモンガを着込みカメラを中に納めて三脚持たずに滝見にいく。駐車場からは広い道が整備され10分とかからず本滝に到着。美しい流れに見とれていたがやはり少しだけと三脚を取りに車に戻り再び本滝へと・・・
 本滝の前で三脚をセットしていると雨も止み晴れ間が・・ラッキー(^^♪滝つぼも結構広く良い感じ、渓流もいいなぁ・・そして上の滝へと。
上の滝の岩肌には真っ赤な不動王が刻まれており目を引く。もっと寄りたいなぁと思うが祠より先に進むのはちょっと躊躇してしまった。
 真っ赤な不動王をメインに一枚撮りたかった(ーー;) 
 ここにはもう一つ下の滝があり遊歩道も整備されているが今回は雨のため滑りやすいので下りなかった。岡山の滝のtakimiさんによると下の滝のもう一つ下にも滝があるらしい。
  
 この滝のもう少し北よりの同じ田羽根地区にも「隠谷不動滝」があるらしいのでいつかそちらにも行ってみたい。




本滝


上の滝からの流れ



滝つぼ


渓流


上の滝。  枝が・・・・(ーー;)


こういう光がすき♪


こういう光も・・・でも写真的には没かな・・(ーー;)



スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

岡山には不動滝と呼ばれる滝が多いですけど、この古屋不動滝もいい感じですね。
落差はどれくらいなんでしょうか?
私も今年こそは新庄不動滝を見に行きたいと思っているのですが・・・

たしかに、木漏れ日を写真にするのは、難しいですよね。
私も何回か試みた事がありますが、自分が実際に見た感じになかなか写ってくれません(^^;

来てみたらUPしてあった♪
言ってくれればいいのに~~(^^)
楽しみにしてたんだから!もう!

またまた勢いのある素敵な流れ。
hiroりん、凄いね!凄い!
見に来てよかった!!

ゆるポタさん

この滝も綺麗でしょう、岩に刻まれた赤いお不動さんが目を引きます。

昨日は新庄不動の滝に行ってきました。

こちらに来られるなら是非湯原の陰谷不動滝、古屋不動滝、そして新庄不動滝を廻ってくださいね。
そんなに離れていないです。

のんちゃn

ごめん、ごめん・・・
私のPCおんぼろだから写真触っていたら他の事が出来ないの(ーー;)
だからなかなか皆さんのところへ行けないです。
でも考えてみたらここのUPはお知らせはHPのtopに書き込むだけでみなさんにはお知らせしていないなぁ・・・反省(~_~;)

水と光って難しいです。
のんちゃんのようにキラキラ撮ってみたいなぁ・・

こんばんわ~
深山の滝・・という雰囲気ですね~。
1枚目と最後が好きです。
最後の写真は、中央を横切っている枝や、光の当たっている滝や滝つぼがなんとも不思議な雰囲気をかもし出していると思いました。

三枚目の渦の写真、hiroさんは渦を素敵に撮られますね。

あおのさん

いつもありがとうございます。
私も最後の写真好きです。
滝に光が入るとワクワクします
でもそれをまだ映す技術が無いんですよ
いつかキラッが撮れるようになればいいな・・
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

hiro

  • Author:hiro
  • 発信   兵庫県
    性別   女性
    血液型  B型
    星座   みずかめ座

    ※姉妹ブログ「過去りし日々」
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。