FC2ブログ

赤目四十八滝・・赤目五瀑

三重県名張市赤目町平成18年11月29日(水)

 前日夕方4時会社を出発、山陽道から近畿道そして西名阪自動車道をへて赤目をめざした。丁度吹田JCSで渋滞に巻き込まれ予定通り着くかどうか心配しつつも無事8時赤目の滝近くの「赤目 グリーン ヴィレッジ ホテル」到着。
遅い到着の上女性一人の宿泊を快く引き受けていただき嬉しかったです。次の日の早朝のタクシーお願いしたが,
赤目のタクシーは早くて7時半ぐらいからと云われ、当初計画していた出合方面からの入山はあきらめ日の出前よりサンショウウオセンターからの入山を決め夕食を頂いた。その後お風呂に入り友達のHPの赤目散策をプリントアウトしたものでイメージトレーニングして早いけれど夜の高速を走ったこともあり10時就寝(-_-)zzz

 翌朝6時過ぎ支払いを済ませ滝に下りていった(車はホテルに置かせていただけラッキー)
早朝の滝は穏やかな水の音を刻んでいました。
空気も澄んでいるためか滝の流れが滝つぼに写りこみ今までにない不思議な光景でした。行者滝、銚子滝、不動滝を撮りながらあがっていると売店の人が荷物を運んであがってきました。時間が経つのは早くここまでで2時間・・ぼ~~としている時間も多かったせいもありちょっぴり反省。後は足早に進み千手滝まで一気に上がり開ける準備中の売店で甘酒を戴き端正な滝の前にて一休み。
 その後布曳滝までは写真を撮りながら行ったものの出合まで行きたかったので上ることに専念し巌窟滝まで一気に進んだ。
その後出合方面の渓谷をパチパチし今来た道を引き返した。
 行く道中これと決めていた「琵琶滝」で残りの時間の多くを費やしその後「荷担滝」を経て百畳茶屋につくころには人も多くなっていました。時間はたくさんあると思ったのにやはり予定の2時より30分遅れでホテルに到着。お礼を言って前日来た道を帰宅。自宅に無事6時到着でした。

 今回は秋というので日も短かく、お天気もあまり良い状態ではなかったですが次回は日の長いときに行って見たいです。
紅葉は少し遅かったですが落葉が濡れて晩秋を漂わせていました。

赤目五爆・・・不動滝・千手滝・布曳滝・荷担滝・琵琶滝の滝姿のみです。

他の滝の顔はこちらにUPしました。

http://www.photohighway.co.jp/AlbumPage.asp?un=1267&key=1878518&m=0

 
赤目・不動滝 落差15m



赤目・千手滝 落差10m


赤目・布曳滝  落差15m



赤目・琵琶滝  落差15m 


赤目・荷担滝  落差25m 

スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

赤目拝見。

前日泊だったんですねえ。深閑とした中での
散策は一味違った景色でしたでしょう。私は
二度訪れましたが、人込みの中では只、写真
を撮る・・それだけのものでしたよ。今回の
写真では、他の滝アルバムの7・11・29が特に
印象に残りました。しかし、一年間で凄い進歩
ですね。hiroさんの探求心は私も見習わなけ
ればならぬところです。

他の滝の顔も併せて拝見しました。

水をとても美しく撮られてますね。(生意気言ってすみません)
美しい水を見せてくださる方は少ないので、つい書いてしまいました。

4枚目の透明な水もですが、1枚目と最後の深い水の色も素敵です。

滝以外では、他の滝の28枚目が心落ち着く画像で好きです。

素敵なシーンなのに...クリックしても大きくならない _| ̄|○ ガクッ
FHJで大きくみせなさ~~~~い!(苦笑)

maruichi さん

いつもありがとうございます。
前日伯で早朝の滝を見れて良かったです。
本当は出合いからゆっくり時間をかけて下りたかったのですがそれだけが残念。
でも又来なさいって言う事だと勝手に解釈しています。

また滝巡りに同行させてくださいね。

あおのさん

いつもありがとうございます

滝ってそれぞれの顔、流れ、澱みがあって本当に素敵です。
早朝この流れの音を聞いていると気持が落ち着きます。

光や水って本当に捉えるの難しいです。
まだまだ手探り状態なんです。
だから水の事このように言って頂けたら嬉しいです。

G3さん

こちらにありがとうございます。
この中のリンク先はPHJなんですよ。
スライドショーにしていただくと一枚一枚大きくなって出てきます。
今回は800×にしていますのでちょっと大きいと思います。
また覗いて見て下さいね(^^♪

>素敵なシーンなのに...クリックしても大きくならない _| ̄|○ ガクッ

あはは・・
同じく~~(^^♪

アルバムも見たけどアングルが素晴らしいね!!v-424

赤目拝見♪

hiroさん、こんばんは!
赤目の写真、拝見させて頂きました♪
No7、8 琵琶滝の流れの美しさ、しっかりと表現されてますね!
さすが滝を撮り続けていらっしゃるhiroさんやわあと。。。
ほんとう、モノクロでも流れの美しさが際立って良いかもって感じました。

No11 落ち葉の渦巻き躍動感ありますね~。
滝つぼの静寂さとの対比も美しいですね。

No15 流れの写し方が、とっても個性的で良いなあ~って感じました。
私はなかなかこんなふうに写せなくて。。。

No18、19、20 私はこんなデザイン的な写真が大好きです。
私も赤目へ行ったときは、風景写真でも、デザイン的に写したいと、撮っていました。
着物の柄みたいな、とか。
hiroさんの、斬新で素敵です♪

No23、24 落ち葉と水の流れの取り合わせが美しいですね。

No25 私も同じとこで5月に撮っています!
うわ~今はこんなふうなんだって感動です。
私は緑の映り込みを撮りました。
hiroさんのは、葉の落ちた木、が映ってますね~。水の中の落ち葉が、なんて風流なんでしょう。。。

hiroさん、素敵な写真を拝見させて下さいまして、ありがとうございました♪
そうそう、今日私のBBSに貼ってくださった映りこみも、秋らしくて素敵でした。
貼ってくださいまして、こちらもありがとうございました♪

赤目の滝拝見しました。
「赤目四十八滝」とは驚きました。近くであればすぐにでも出かけたいですね。シャッタースピードで水の流れがきれいです。
それぞれが個性的な滝で見飽きません。

neon さん

見ていただいてありがとうございます
まだまだどうとってよいか判らないですがみなさんの真似をさせていただいています
その中から一枚でも思うようなのが撮れればいいかなと思っています

youさん

感激しています
こんなに詳しく見ていただけたなんて・・_(_^_)_

琵琶滝は本当に美しい滝でした。
下も含めた滝が魅力的で多くの時間をここで割きました。
この8番の滝はadobeでモノクロにしてみたのですがどこか違うんです。
やはり最初からモノクロで撮らないと駄目なのかな・・
20番の写真はこれもたくさんのカット撮りました。なかなか自分のイメージ通りにはならないですね。
25番、新緑の季節にも行って見たいです。
なかなか日が差してくれなくってまぁ雨でなかったのが救いです。
youさんのところからは通いやすい距離ですか?
これからも当たらしい赤目の姿見せてくださいね。

リンクの場所、とんかつさんの横で大汗です。
しっかり学びなさいというyouさんのお気持嬉しいです_(_^_)_

kenkenさん

こちらにありがとうございますm(__)m

赤目って自然がそのままでとっても素敵な所でした。
滝もたくさんあるのですがそれにもまして渓谷の自然が凄くいいです。
近ければ何度でも行って見たいところです。

あけましておめでとうございます。
遅ればせながら、今年もよろしくお願いいたします。

赤目にいらしてたんですね。
ここには何回かドライブで行ったことがあるので、
「あ、これはあの滝かも」と思えるのがありました♪
だけどいつもながらhiroさんの行動力には脱帽です。。。
私も今年はhiroさんの半分でもアクティブになろうと思いました。
今年もこちらのブログ、楽しみに拝見させていただきますね(^-^)

陽菜さん こちらこそよろしくお願いいたします
いつもご無沙汰ばかりです_(_^_)_
陽菜さんって赤目って近いのですか?
ドライブがてらに行けるっていいですね。

今年も滝の追っかけしますのでよろしくお願いいたします

はじめまして ゆるポタさんのブログからリンクして訪問さしていただきました。
私は赤目渓谷が好きで再々早朝に行って居ります。
最近では2月18日に行きました トラックバックさしていただきましたのでよろしくお願いします。

isimatsuさん

初めまして
赤目の滝は憧れでした
私のHPのリンク先の赤目のtonさんの滝に魅了されています。
私はまだまだカメラも初心者なので思うように表現が出来ませんでしたがまた違う時期に行って見たいと思っています。

ご訪問ありがとうございました_(_^_)_

hiroさんおはようございます。
早速の御訪問ありがとうございます。
トラックバック保留状態でしたので公開しました。有難うございます。
わたしのほうからのトラックバックが届いてないみたいなので私のもうひとつのブログから再TBさしていただきました。 今後ともよろしくお願いいたします。

isimatsu

コメントどうぞ。
line
line

line
プロフィール

hiro

  • Author:hiro
  • 発信   兵庫県
    性別   女性
    血液型  B型
    星座   みずかめ座

    ※姉妹ブログ「過去りし日々」
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line