スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

シワガラの滝’07

平成19年10月3日(水)
場所:兵庫県新温泉町

 昨年6月に「兵庫の滝めぐり」さんに同行させていただいたこの滝。
是非再訪したいけれど女性一人では無理と思っていたところ「花と季節の写真集」の遥人さんが行くと言われるので同行させていただくことになりました。

昨年のシワガラの滝はこちら
http://taki163.blog20.fc2.com/blog-entry-27.html




 朝7時赤穂市内を出発。いつもこの方面には山陽道、播但有料道路を経て豊岡方面から新温泉町に行っていましたが今回いろいろな方からのアドバイスや遥人さんの長年のキャリアから上郡を抜け智頭町、そして雨滝街道からR9号に抜け新温泉町海上に向かいました。
 途中の佐用では思いがけない美しさの彼岸花の光景に出会い車を止めてパチパチ(こちら)少し時間をとり河原から郡家を通り雨滝街道へと入って行きました。雨滝への道路は殿ダム工事のため一部新しい道路ができています。雨滝を通り越しR9号へと進み目的地へ10時半到着。やはりいつも行く時間よりは早く着きました。

 駐車場は2台ぐらいのスペース、端に止め身支度を整えて出発。最初は広い遊歩道、その脇には小さな滝の様な美しい流れ(布滝かと思いましたが違うようです)そして桂の滝(桂の滝は大きなスズメバチの巣があるため禁止となっていました)とシワガラの滝への分岐を過ぎると登山道のような細い道になります。危険と思われるところはロープや鎖もあり安心して進むことができます。
 シワガラの滝道標のところで前回は長靴に履き替えましたが今回は水量も少ないのでそのままトレッキングシューズで行くことにしました。沢を左に見て進んでいましたが前回あったはしごがなくなっていましたのでここから反対側を進むことにしました。何回か引き上げていただきながら洞窟前に到着。以前と変わらぬ美しさに息を呑む思いでした。
 ここでビーチに履き替え脱げないようにゴムでくくりつけ水の中を歩きました。前回ほどの水量もなく楽勝と思われましたがやはり流れがあり少々歩きにくかったです。遥人さんは素足で入って行きました。ここでの足元がもし次回来ることがあれば課題です。
 洞窟内ではそれぞれに写真に夢中。洞窟内から見る滝は水量は多くはないものの苔の美しさとその厳かな流れがまた神秘的でなんとも言いがたい感情がわきあがります。
 思い思いに写真を撮り洞窟を出てまたまた写真。そして来た道を引き返してきました。途中大文字草や色々な山野草や綺麗なヤマカカシにも出会えましたが最後駐車場手前で遥人さんが真新しい大きな動物の足跡を見つけました。熊ではないようなのでいのししかなぁと良いながら駐車場へと向かい濡れたズボンを履き替え帰路に着きました。

 帰りはR9号バイパスから29号線に抜けて佐用を通り5時半帰宅でした。
同行させていただいた遥人さんありがとうございました<(_ _)><(_ _)>




シワガラの滝


後の写真はこちら
http://www.photohighway.co.jp/AlbumPage.asp?un=1267&key=2029776&m=0

 

スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

hiro

  • Author:hiro
  • 発信   兵庫県
    性別   女性
    血液型  B型
    星座   みずかめ座

    ※姉妹ブログ「過去りし日々」
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。