FC2ブログ

筥滝・雨滝

鳥取県鳥取市国府町
平成19年5月16日(水)


 朝7時半自宅を出る。いつもどおりR373からR53を通り雨滝に向かう。10時半駐車場到着。まだ早い時間と思っているのにすでに2台が止まっている。
今回で3回目となる雨滝ですが今回の目的は雨滝の上の筥滝、山を歩くためシューズをトレッキング用に履き替えリュックサックの中身も点検、熊に注意の看板もあるので鈴も付けそして雨滝へと下りていった。
 下りる事3分で休憩場に到着、橋の所の渓流はいつ見てもとても素敵。
狙い通りやはり金色に輝くヒメレンゲがビッシリ。友達によるとこのヒメレンゲはこの渓流のところにビッシリ咲いていたようですが、今はここより数メートル下の所に咲いています。数年前の台風で流されたようです。とりあえず目的の一つ渓流をパチパチ…マクロで撮ってみたいけどそこで時間を費やしそうで止めておいた。帰りに時間があれば・・・(+_+)

 そこから数分、轟々と流れる力強い雨滝、ちょっと心惹かれるがやはり横目で二つ目の橋を渡った。こちらも帰りに時間があれば・・・
 前回雪で断念した筥滝への歩道、登山道欠落の為通行禁止なんて看板もあるがいつのだろう?まぁ登ってみよう・・・・少し歩くと唖然、なんとも急な鉄の階段、三滝渓の千丈滝への階段よりまだきつそう(~_~;)
それでも一段一段登っていった。正直地道よりこういうのは疲れる(>_<)
 ふうふう言いながらも登りそこから少しで雨滝の滝見台に到着。でも木々にさえぎられあまり良い眺めではなく早々に先を急いだ。少し歩くと中国自然歩道の分岐、右に折れても滝があるよう、でもやはり通行止め?そのまま直進した。そこからは少しアップダウンはあるもののたいした高低差はなく楽勝。
それでも一人黙々と歩くのは人が見ればおかしいかも?でも時折鳴る鈴に癒されながら先へと急いだ。歩く事30分、水の流れる音に心はやる。
 下っていくと右手に綺麗な数メートルの滝、岩肌がとっても美しい。岩の向こうに空き地があるが???どうしよう。水はさほど多くないし渡ってみよう・・・岩に足場を見つけゆっくりと慎重に慎重に・・・ここさえ通ればあとは水の中・・・OK・・・渡って滝を見上げる・・・思わずため息が・・美しい、本当に美しい。雨滝より数段美しい(^^♪
 滝のお友達がみなさん勧めてくださるのがよくわかる。面白い岩肌、これは岡山県の阿波にある大滝の岩肌に似ている。とりあえずカメラを三脚にセットしパチパチ。この風景貸切、なんて贅沢なんだろう(^^♪
 これで風が無ければいいのに・・・新緑の木々が風に揺れ見ている分には気持がいいが、撮るにはちょっと残念。久々にゆっくりとした時間が持てた。気が付けば1時・・・帰らなくては。来た道を引き返した。
 雨滝まで下りてくると大阪から来られていたご夫婦が「上の滝どうでした」と聞かれたので「本当に美しいです、きついのはこの後の鉄の階段であとはさほど出もないです」と・・・行かれたのかな?
 私の方は時間が気になり雨滝は数枚撮ったのみで帰路に付いた。
 当然雨滝豆腐工房で食事、「できたて豆腐膳」を今回も注文。ほろ温かい出来立ての豆腐はお醤油をかけなくてもほんのり甘い。醤油もかけていただくが私にはいまいち、これで我が家の小豆島の醤油があれば最高なのに・・・でもご馳走様(*^_^*)
 御腹もはったので帰りは29号線から山崎へと車を走らせた。男の方のようにもう少し遅く帰っても良いなら他の滝にも行けるのに・・・(+_+)
 5時半、無事帰宅。

 筥滝の写真はこちら⇒ http://www.photohighway.co.jp/AlbumPage.asp?un=1267&key=1975772&m=0




目的の一つ、ヒメレンゲ



木々の向こうに雨滝


水のベール♪


こんな岩越え・・・

美しいでしょ?


雨滝とお不動さん


水しぶき・・・




line
line

line
プロフィール

hiro

  • Author:hiro
  • 発信   兵庫県
    性別   女性
    血液型  B型
    星座   みずかめ座

    ※姉妹ブログ「過去りし日々」
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line