スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

養老の滝

滝壺 もう少し広ければいいな
養老の滝
平成27年7月7、8日  (曇り)

7日の日は昼遅く出発し 岐阜県養老町の「ゆせんの里」にて一泊
旅館、ホテルというよりスパのような感覚。
でも西洋風の建物は風情もあり アパートのような作りなのでご家族ずれにはいいと思います
「温泉」はもちろんさまざまな施設が隣接されています
本日はお風呂に入り寝るだけ(*^。^*)

8日の9時出発。
残念ながら雨・・・
でも予定通り養老の滝めざしてGO!
かなり狭い道路を上がっていきます。
下から歩いて登ることもできるようですが 上の駐車場に行きました
駐車料金がいるようでしたが誰もいないのでそのまま降りていきました
友達は3分と言っていましたが私の足では10分以上かかったように思います

途中から濃尾平野が見渡せました
お天気だと良かったのに・・・


登山道から



下段から





スポンサーサイト
line

仙娥滝(せんがだき)

平成25年5月26日、27日(水・木)

 GWの自分へのご褒美旅行、久々です
予定では「芝桜と富士山」「田貫湖からの日の出」「滝100選」
所が今年は入梅が早く2日とも雨・・・・残念でした(-_-)

 26日7時40分相生発の新幹線、静岡までノンストップでそのあとこだまに乗り換え新富士下車。
新富士にてレンタカーにて出発!!
 まずは白糸の滝と音止の滝」4年前にネッ友と出かけたときは下まで降りられたのですが 
今回は工事中で売店からの滝見となりました。
それでも迫力はあり。

2013_0530siraito0009.jpg

(水煙と小雨の影響かなぁ)



2013_0530siraito0035-1.jpg

(山中湖花の都公園、花もなく富士も見えずでもこんなのがありました)

お目当ての芝桜と富士山は花の時期が今年は早く終わってしまっていました。
もっとも雨で富士は見えませんでしたが・・
それで出かけたのが山中湖花の都公園。もう少し花があるのかと期待していましたが端境期で何もなし^_^;
 早々に引きあげホテルに。
富士クラッシクホテル、前回もここに泊り早朝の田貫湖に出かけました。
お天気ならお風呂からも部屋からも富士山が見えるのですが今回は残念。

 30日、早々と出発。お目当ては滝100選の「仙娥滝」
ホテルから精進ブルーラインを通り甲府へ向かう。甲府駅付近から県道104号を北上。
千代田湖畔を過ぎて少し走ると断崖の山々が見えてくる。それぞれに名前が付けられているようです。
 昇仙峡付近になると駐車場の看板があちらこちらに見えてきます。
平日なら橋を渡ってお土産物やさんの横の駐車場に入れるのが一番近いです(無料はお土産購入が条件)
 お土産物さんから歩いて5分のお手軽滝ですが滝は美しいです。
相棒がいるといつものように時間がかけられないのがちょっと辛い。

 2013_0530siraito0054-1.jpg

2013_0530siraito0057-1.jpg

 岩肌がつややかでこちらも撮りたかったのですが残念!!

 富士山には恵まれなかったですが滝2つ、まずまずの休日でした。


 

line

米子大瀑布・善五郎の滝

5月12日(水)

松本でレンタカーを借り一路須坂に向かう。
目指すは須坂の「米子大瀑布」
松本から長野道、上信越道を通り須坂長野東ICで下りる
後はナビに従い走り林道へと向かう
林道は本当に心細い。本当に合っているのだろうか?
どんどん奥へと進むと右手に滝らしきもの発見。
夢にまで見た2条のながれ、まさしく米子大瀑布!!
安心して車を走らせると駐車場に到着。
トレッキングシューズに履き替え、カメラのリュックに三脚。
いつもながら重たい・・
雨がポツポツ落ちてきたが大丈夫かな?

駐車場から歩き始めてすぐニリン草の群生に出会いしばらくカメラタイム。
もう少し行くと沢がありちょっと休憩・・と思ったけど早く行かないとと思い先へ進む。
第1休憩所に着くころには雨脚が強くなってきた為ここで思案(@_@;)
もう少し行ってみようかな・・と思って上がってみるがだんだん心細くなってきた為ここで断念するかな・・
せっかく来たのにと思う気持ちと、無理をして怪我をすると皆に迷惑をかけるという思いが交差。
結局上がる時間、下りてくる時間を考えあきらめた((+_+))
先ほど写真を撮っていたときに通ったご夫婦もあきらめたのか下山してきた。
またきっときますね・・

かわいいニリン草

憧れの米子大瀑布、遠望


翌朝、朝食を取っていると管理人さんが「焼山滝」がありますよと言われて探して立ち寄ってみたが、クマ注意と時間がかなりかかると書かれていたので引き返した。
前回、滝100選の「三本滝」に行った時に立ち寄れなかった「善五郎の滝」と番所大滝」を目指して安曇方面にむかう。
見慣れた乗鞍高原。案内板に従い駐車場に向かい身支度を整えGO!
歩くこと15分くらいで滝前に到着。

善五郎の滝


滝壺で一枚
滝への道中で

乗鞍山

そのあと「番所大滝」に向かう。
駐車場からかなり下り滝見台へ。ついてびっくり滝が見えない(@_@;)
どうも道が壊れているよう・・
残念で仕方ない

でもせっかく行ったのだから滝口だけでもと一枚

2010_0513美ケ原0159


今回の旅は滝に恵まれない旅でした
でもまぁ霧氷も見れたしまぁいいか(^-^)


line

洒水の滝

平成21年5月13日(水) 晴れ

神奈川県山北町

 沼津から御殿場線に乗り換え御殿場で下車、6時40分
レンタカーは8時から。
昨日昼から何も食していないので喫茶店を探す。早朝ということもありまだ開いていないのではと思っていたが、駅前のホテルの喫茶が7時から営業。
和定食のモーニング(と言えるかどうか)を食べギャラリーの富士山の写真を拝見・・
 8時少し前だがトヨタレンタカーに行ってみるともうOKと。
手続きを終え借りたISTに乗車、山北町の洒水の滝へと向かう・・・
はずであったがトヨタレンタカーの店員さんが入れてくれたナビに沿って行くと山の中(^_^;)
どうやら神奈川県の山北町と静岡県の小山町を間違えて入れてくれたよう((+_+))
(山北町の観光案内図を持っていたのですが市内局番からしか書いていなかったためナビに入れれなかった)
 間違は何時ものこと、余裕で道路わきにホウチャクソやまむし草を見つけカメラにパチ♪

もと来た道R246を東に走り樋口橋を右折、交番前を通り10分ほどで無料駐車場に到着。
そこからは歩いても10分ぐらい。
 
 ネッ友さんから滝には近寄れないという情報をいただいていた通り、滝への道は通行止め。
新しい展望台からの観漠となった。
 近くに行けば迫力あるのだろうな・・・・




ホウチャクソウ
マムシ草
遠望
上段
下段


theme : 滝、渓流の写真
genre : 写真

line

白糸の滝・音止の滝

平成21年5月13日(水)・14日(木)

静岡県富士宮市

  毎年のこの時期の2連休、楽しみの遠出である。
今回は12日23:11分上郡発の寝台特急「サンライズ瀬戸」に乗り出かける。
寝台特急に乗るのも一つの目的だったが、連休から母の日にかけての疲労であろうか姫路駅到着も気がつかないぐらい寝ていたらしく次に気がついたのは大阪だった。
 畳1畳ほどの個室にパジャマが用意され浴びようと思えばシャワーも別の車両にあるようだった。
 沼津までこの電車で行きそのあと御殿場線に乗り換え御殿場からレンタカーを借りた。

 まずは神奈川県山北町にある滝100選の「洒水の滝」こちらはネッ友さんから工事中で滝下まで行けないという情報をいただいていたのでとりあえず見ただけという感じ。
 山北町から富士5湖を回った。富士山に関してはこちらもネッ友の方に情報をたくさんいただき、絶景ポイントを回るも雲が多く残念。4時半ぐらいには本日の宿泊先「富士クラシックホテル」にイン。
 その後明日のロケハンを兼ね「白糸の滝、音止の滝、そして田貫湖を回り機ホテル。
おいしいフランス料理をいただいたが一人の食事はやはり味気ない

 14日、早朝より田貫湖からの日の出の富士山を狙うがこちらも残念ながら雲から頭だけ出した富士山となった。それでも田貫湖と合わせての景色は絶句するほど美しかったです。
 その後朝食、有り余るパンにジャム、何よりも富士山を眼前にとらえての食事は本当に「贅沢」の一言でした。宿泊費も本当に安価でお勧めの宿です。
 朝食を後に本栖湖の富士山をカメラに収め、神奈川からのネッ友さんと合流のため白糸の滝へと向かった。
 
 白糸の滝の幅広の滝は中々地元では見れなくわくわくと気持ちがはやる。
また別の角度からの白糸の滝はまた一味違ったものでラッキーでした
 音止め滝はお店が立ち並ぶところにありマタマタ驚きでした。
どちらの滝もあまり落差はありませんが滝100選にふさわしい滝でした。





夕暮れの青さとはまた違う青さでした
メインの滝への落ち口
水煙の白糸の滝
メインの滝
山側の白糸の滝
夕暮れ前の白糸の滝
音止の滝
2009_0514富士0131
ヒメレンゲ


 
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

hiro

  • Author:hiro
  • 発信   兵庫県
    性別   女性
    血液型  B型
    星座   みずかめ座

    ※姉妹ブログ「過去りし日々」
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。