FC2ブログ

筥滝・雨滝

鳥取県鳥取市国府町
平成19年5月16日(水)


 朝7時半自宅を出る。いつもどおりR373からR53を通り雨滝に向かう。10時半駐車場到着。まだ早い時間と思っているのにすでに2台が止まっている。
今回で3回目となる雨滝ですが今回の目的は雨滝の上の筥滝、山を歩くためシューズをトレッキング用に履き替えリュックサックの中身も点検、熊に注意の看板もあるので鈴も付けそして雨滝へと下りていった。
 下りる事3分で休憩場に到着、橋の所の渓流はいつ見てもとても素敵。
狙い通りやはり金色に輝くヒメレンゲがビッシリ。友達によるとこのヒメレンゲはこの渓流のところにビッシリ咲いていたようですが、今はここより数メートル下の所に咲いています。数年前の台風で流されたようです。とりあえず目的の一つ渓流をパチパチ…マクロで撮ってみたいけどそこで時間を費やしそうで止めておいた。帰りに時間があれば・・・(+_+)

 そこから数分、轟々と流れる力強い雨滝、ちょっと心惹かれるがやはり横目で二つ目の橋を渡った。こちらも帰りに時間があれば・・・
 前回雪で断念した筥滝への歩道、登山道欠落の為通行禁止なんて看板もあるがいつのだろう?まぁ登ってみよう・・・・少し歩くと唖然、なんとも急な鉄の階段、三滝渓の千丈滝への階段よりまだきつそう(~_~;)
それでも一段一段登っていった。正直地道よりこういうのは疲れる(>_<)
 ふうふう言いながらも登りそこから少しで雨滝の滝見台に到着。でも木々にさえぎられあまり良い眺めではなく早々に先を急いだ。少し歩くと中国自然歩道の分岐、右に折れても滝があるよう、でもやはり通行止め?そのまま直進した。そこからは少しアップダウンはあるもののたいした高低差はなく楽勝。
それでも一人黙々と歩くのは人が見ればおかしいかも?でも時折鳴る鈴に癒されながら先へと急いだ。歩く事30分、水の流れる音に心はやる。
 下っていくと右手に綺麗な数メートルの滝、岩肌がとっても美しい。岩の向こうに空き地があるが???どうしよう。水はさほど多くないし渡ってみよう・・・岩に足場を見つけゆっくりと慎重に慎重に・・・ここさえ通ればあとは水の中・・・OK・・・渡って滝を見上げる・・・思わずため息が・・美しい、本当に美しい。雨滝より数段美しい(^^♪
 滝のお友達がみなさん勧めてくださるのがよくわかる。面白い岩肌、これは岡山県の阿波にある大滝の岩肌に似ている。とりあえずカメラを三脚にセットしパチパチ。この風景貸切、なんて贅沢なんだろう(^^♪
 これで風が無ければいいのに・・・新緑の木々が風に揺れ見ている分には気持がいいが、撮るにはちょっと残念。久々にゆっくりとした時間が持てた。気が付けば1時・・・帰らなくては。来た道を引き返した。
 雨滝まで下りてくると大阪から来られていたご夫婦が「上の滝どうでした」と聞かれたので「本当に美しいです、きついのはこの後の鉄の階段であとはさほど出もないです」と・・・行かれたのかな?
 私の方は時間が気になり雨滝は数枚撮ったのみで帰路に付いた。
 当然雨滝豆腐工房で食事、「できたて豆腐膳」を今回も注文。ほろ温かい出来立ての豆腐はお醤油をかけなくてもほんのり甘い。醤油もかけていただくが私にはいまいち、これで我が家の小豆島の醤油があれば最高なのに・・・でもご馳走様(*^_^*)
 御腹もはったので帰りは29号線から山崎へと車を走らせた。男の方のようにもう少し遅く帰っても良いなら他の滝にも行けるのに・・・(+_+)
 5時半、無事帰宅。

 筥滝の写真はこちら⇒ http://www.photohighway.co.jp/AlbumPage.asp?un=1267&key=1975772&m=0




目的の一つ、ヒメレンゲ



木々の向こうに雨滝


水のベール♪


こんな岩越え・・・

美しいでしょ?


雨滝とお不動さん


水しぶき・・・




line

大滝山不動滝  向滝

平成19年1月31日(水)
鳥取県倉吉市(大滝山不動滝) 鳥取県三朝町(向滝)

 今日も大山に向かう。
いつものように蒜山ICから江府に向かうが途中で雪が降ってきた。
この状態では大山は無理かなと思い蒜山スカイラインに向かう。こちらは冬期は閉鎖されているが白樺あたりまでは行けるのでそちらから大山を望んだ。

そのまま蒜山のサイクリング道路を通り関金の大滝山に向かうがどうしても県道115号がわからず派出所を尋ねた。おまわりさんはわかりにくいけれどと言いながら簡単な地図を書いてくださりそれを目当てに滝に向かう。「ひまわり」という介護施設を目安に行けばいいかな?
 大滝山観音堂を少し過ぎたところに案内板がありそこに車を止めて少し歩いた所に滝休憩所がありそこから望む事が出来た。
この滝も思ったより水量が少なく残念だった。
 この滝を後にしてそのまま車を走らせると、年始めに行った福山不動の滝に着いた。駐車場に車を入れ、橋を越えた所から下に下りる道があると聞いていたので行ってみたが鎖場があり急斜面なのでキチンとリュックに手袋、足元の用意が必要と判断して今回もあきらめた。

 そこからR482へ抜けR179に入り人形峠方面に走ると向滝トンネルがありその手前を旧道に入るとカーブミラーがありそこから下に下りる道があった。前回は雪でその道が見えなかったようです。
 道端に邪魔にならないように車を止め下に下りるが正直細い上に急なので、雪の時には無理だなあと思いながら下りていく。
下につくと低いもののとっても美しい滝が眼前に・・・久々の感動でした。今回は下りたところに釣り?の道具がしまわれた袋、両足の長靴、女性のミール等があり何となく嫌な雰囲気・・(女性一人はこういうときやはり怖いのです)もっと撮りたいのを早々に引き上げてきました(~_~;)


大滝山不動滝 全景 


大滝山不動滝 滝つぼ


大滝山不動滝  光が面白くって・・






向滝全景


とても綺麗でしょ?


まるでレースのカーテン・・


岩肌の苔が綺麗でした


反対側からです・・・

line

千丈滝

鳥取県鳥取市河原町平成18年11月15日(水)
 
 紅葉の名所である河原町の三滝渓の千丈滝を昨年から予定していました。
 友達に見せていただいた赤いつり橋、豪快な滝に魅了され、紅葉時には絶対行ってみようと待つこと1年半・・・
ネットの紅葉情報便りでこの日を当てて出発!!

 朝8時自宅出発、R179を通り佐用からR373そしてR53の智頭町を通過し河原町の道の駅を過ぎたところの河原橋を渡り左折し県道196号を進む。
三滝渓キャンプ場に11時前に到着。車をバンガロー前に置かして頂き出発。バンガローを手入れしていた若い男の子が「30分ぐらいあがらないと駄目ですよ」と教えてくれました。
道は整地され紅葉の赤や黄色に彩られた山々を楽しみながら歩いていると脇にちいさな滝が・・・
 その滝を過ぎると木の階段が続く、もう終わりかと思ったところまたまた階段、少し勾配がきつく黙々と・・・・
途中遠くに千丈滝が見え期待に胸がわくわく・・(^^♪
紅葉を撮りつつ歩いていると大きな水の音が聞こえだした。
真っ赤なつり橋、そして滝・・・・残念ながら滝の周りにあまり紅葉した木々はありませんでした。でも滝はすばらしく二つの滝が一つの流れとなって落ちていました。
 赤い橋からまだ上にいけると思っていたのですが通行止めになっていました。
今回は渓谷の方は行かず29号線に抜けて兵庫県の波賀町にある明神滝に寄ってきました。
 こちらの滝はBBSの友達の写真に比べ水量が少なく正直ちょっぴりがっかりでした。いつか水量の多い時に再訪したいです。


遠くに赤い橋と滝が見えます。



あまり艶やかではないですが・・・



滝つぼの周りは断崖絶壁・・・


滝左上部、黄葉が見えます


橋の欄干から下を覗くと木の下に滝が・・・


綺麗な流れです・・・


端正な装い・・


この後キャンプ場に帰り下流の橋の所の小さな滝をパチしました。
名前があるようなのですが私にはわからないです。

小さな滝ですが水の音は豪快でした(夫婦滝と教えていただきました)


今回の滝はつり橋から遠く私のカメラでは撮りたい所の切り取りが出来なくちょっと残念でした。






苔も綺麗でした・・・が枯葉が欲しかったです。

おまけ・・・・花にも負けず???

line

龍王滝

鳥取県日野郡日野町平成18年10月26日(水)

 大山からの帰り江府町よりR181よりR180へ抜け中菅の滝山神社に向かう。
滝山神社駐車場より遊歩道を400m上るが、道もきっちり整備されており歩き易く苦にはならない。
途中のもみじは少し色づいているのもあるがまだまだだった。
 滝山神社にお参りし滝見台に向かうと間近に落差45mの滝を仰ぎ見る事が出来た。落下地点より右に曲がって流れる様は妙に艶やか。水量も少なく女性的な感じがした滝でした。途中の岩肌も何層にも重なり面白い。
 降りる時は今来た遊歩道と反対側を降りると少し色づいたもみじがお疲れ様と行ってくれているよう・・・
 
 

全景・・・滝つぼは入らなかった。


もう一枚♪


上部、流れ落ちる角度が面白いです


私のお腹なんて言わないでね(^_^;)



滝下部


透き通った感じが好き


もみじではないですが紅葉♪

tag : 日野町 滝山公園 龍王滝

line
line

line
プロフィール

hiro

  • Author:hiro
  • 発信   兵庫県
    性別   女性
    血液型  B型
    星座   みずかめ座

    ※姉妹ブログ「過去りし日々」
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line