スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

香美町 吉滝&要滝

平成23年10月12日(水)晴れ

花に続いて久々の滝の写真

目指したのは宍粟市の「逆水の滝」から横行渓谷の滝群へと

ちょっと欲張りのスケジュールのため早めの8時出発。
29号線を走り氷ノ山、瀞川林道へと向かった。
以前Mさんに同行させていただいたとき時間の関係でパスした「羊が滝」も予定していたが
やまめ茶屋を過ぎたところで通行止め。
先日の台風の影響でしょうか

気を取り直し、それでは大屋からと横行渓谷に向かうがこちらも残念なことにぶなの雫の水汲み場から先は通行止め。
どうもさい先が悪い^_^;


とはいえ、今日はどうしても滝!!と思っているので大屋から以前友達に聞いていた久須部渓谷へと向かった。
こちらも通行止めとかいう標識はあったが渓谷には行けるよう

国道9号から482号線へと走る。
通行止め2か所で時間をくってしまったため久須部についたのは12時半。
ちょうど昼時なので友達お勧めの「滝見亭」で食事。
駐車場からは「鈴滝」が真正面に見えます
今日は定食しかできないと言われたのでそれを頼んだ。
やまめのお刺身、山菜のてんぷら、但馬牛の陶板焼きなどおなか一杯いただきました。

目指す滝は滝見亭から徒歩2分
楽チン滝見ですが滝姿は本当に美しいです。
徒歩2分で「要滝」と「三段滝」と二つの滝に出会えます。
時間があればその上流も行かれると滝があります。
要滝は滝の下に滝が入り込んでいます
とても美しいです

三段滝は段を落ちていく様が美しいです

パシャパシャタイムの後吉滝に向かった。


要滝


滝の下の滝が見えます


三段滝


久須部をでてすぐのところに吉滝キャンプ場という標識がありそこを右に向かう
かなり上へ上へとあがり吉滝という案内板を目印に上っていく。
(途中キャンプ場という標識もあるので間違わないように)
吉滝の駐車場からは歩きやすい道がついており滝までは10分もかかりません。
こちらも駐車場に着いたさえ楽ちん滝見です

この滝は水量は少ないですがまっすぐ落ちて来るので水が岩にはねる様が面白いです
また兵庫県では珍しい裏見の滝です
アプローチも簡単なのでぜひおすすめしたい滝です。



吉滝


裏見の滝


他の写真はこちらのページ


スポンサーサイト
line

夏の滝

平成21年7月29日

 水を汲みに行った帰りの「小滝不動の滝」
時間なく手持ち、手ぶれ防止が聞いているかな?

霧雨の小滝

緑美しい小滝

8月5日(水)

 この日は「滝」と決めて波賀町の「羊ヶ滝」目指すが悪路のため引き返した。
気を取り直し鳥取県の若桜にある「大鹿滝」へと向かう。
 道の駅若桜で場所を確認して諸鹿渓谷に入るが走っても走っても滝らしき姿は見えず。
たまたま通り合わせた男性に聞くと谷が1っぽん違うし、女性1人では無理と言われこちらも仕方なく引き返した(/_;)
 本当についていない1日。
いつもは通り過ぎる29号線の「そうめん滝」、今日はなぜか駐車場にとめれそうだったので立ち寄る。
が、時間も悪く光があたりすぎ写真的には×だった((+_+))

 明るすぎて×(/_;)

まぁ迫力は満点


ついていない1日でした(:_;)
line

若杉不動の滝&明神滝

平成20年7月30日(水)

 汲み置きの水がきれたため神河町の越知ヶ峰名水を汲みに出かけた。
いつものように播但有料道路の福崎南ランプで下車し、神崎総合病院前を右折し後は道なりに走る。
今回は3個ポリタンクを積んでいる。
 わが町の千種川の水はとても美味しいといわれている。それでも水道管から流れ出てくる水はどうも下に違和感を感じる、丁度缶コーヒーを飲んだ時のあの缶の匂いに似ている。
 滝めぐりに行きだしてからは大体ポリを積んでおり、滝近くに美味しい水があれば汲んでくるようになった。今まで一番と思っているのは大屋町の仲間にある横行渓谷の「ぶなのしずく」である。
 どこがどうと言われも困るがさらっと飲み干すことができるまろやかな水というのだろうか?
 今回は夏という事も考えて紫外線処理されている越知の水にした。

 越知ヶ峰名水の汲み場は「椀貸」といわれる淵の所にある。その場所には「喫茶わんかし」がありこの水を使用してサイフォンで点ててくれる。モーニングとしてはサツマイモを練りこんだ食パン半枚なのでいまいちかもしれないが、バターもなくサツマイモの甘さで食べる自然の甘さと、淹れたてのコーヒーとは妙に合う。

 コーヒーを飲んで一服後滝へと向かう。地図で見るとここらあたりから生野の白口に行けるような木もするが冒険はせず来た道を帰りR312を北へと向かった。
 生野の白稜の滝も脳裏を掠めたがそのまま北に行き大屋へと向かった。大屋から戸倉に抜ける道の「若杉不動の滝」が目当て。何度いってもいつもすばらしい顔を見せてくれる。今年は雪の季節に一度行っている。

 戸倉を抜け原の音水渓谷の「明神滝」に立ち寄った。こちらは丁度お昼になり光のバランスがアンバランスのため思うようには撮れなかった。

 滝というのは光があってもなかっても難しい(^▽^;)




喫茶横の小さな滝?

いつもの若杉不動の滝 

側壁には岩タバコの葉が・・

水のレース 1

水のレース 2

明神滝  右の光が強くって(w_-; ウゥ・・

左のみ撮りました

DSCF1306.jpg

も一度・・・

かち割り氷???


theme : 滝、渓流の写真
genre : 写真

line

七種の滝

平成20年7月2日(水)

 今日は朝ゆっくりしたため遠出は出来ないのでかねてより梅雨にと薦められていた福崎町の滝に向かった。

 山陽道赤穂IICから播但有料道路をへて福崎南ランプ下車。
その後は福崎町青少年野外活動センターに向かって走る。活動センターの手前に池があり人馴れした鴨がスイスイ(?)歩いていて私の車が来ても退いてくれない。仕方ないのでちょっとカメラパチパチ。少しガスがかかりいい感じ。鴨さんの散歩も終わり青少年活動センターの前の道を道なりに走っていった。
 途中畑をしていたご夫婦に聞いてみると山門がありその向こうと言う事なので再び車を走らせた。
古びた山門があり車が数台置けるがおじさんが上まで上がれると言ったのでそのまま直進。
 しかしかなり急なため私の車で前方の道路が見えないのと滝の標識が出ていたので端に車を止め歩く事にした。
 雌滝と書かれていた滝は堰から流れる滝のよう。その横には清水が流れていましたが「生では飲めません」とかかれておりパス。そこから少し上がると「夫婦滝」と標識があったが滝らしき姿は見当たらなかった。
 山道を歩くのはさほどではないが舗装された道路はどうも歩きにくい。
10分ほど歩くと虹が滝の手前の駐車場に到着。新しい車ならここまで上がれたのにとちょっと後悔。
 でも歩いている途中ユキノシタの花が目を楽しませてくれたからまぁ良し=*^-^*=にこっ♪

 鳥居をくぐり太鼓橋を渡ると「虹が滝」とりあえず上に上がる事した。途中おじ様に出会うと「今日はまずまず水がありますよ」と言う事。この滝は水がないと岩を眺めるだけと聞いていたのでラッキー♪
 すこしあがると「八龍滝」が見えてきた。まずまずの水量。ちょっとは~は~という息もでるが横目に見て上を目指した。そこから10分足らずで七滝神社に到着。お参りするが車の中に財布を置いたまま、ごめんなさいといいつつ手をパンパンと一礼。これからは小銭はもって来なくては・・
 少し水分補給し久しぶりに思う時間を使ってパチパチしたが、待っていた光は差してくれなかった。
時間的には何時ごろがいいのかな・・?

 七種の滝のパチリを終わり下りながら横目に見てきた滝をパチパチ。
八龍の滝は岩タバコの花を期待していたが時期が少し早かったようで残念。
 
 虹の滝の駐車場からゆっくり歩いて20分、まぁまぁ行きやすい滝です。
ただ「大雨の後など水流多き時、落差72mの時空を落下する豪快な白の瀑布。迫力ある水の躍動!
それが播磨の名瀑、七種滝の滝姿なのだ!その景観に、自分の心が満たされていくー。
自然とは実にすばらしいー。

しかし雨なく流れなき岩壁を見上げるあなたの心境を察すれば、残念の一言あるのみ‥‥」と兵庫登山会のたて看板があるとおり水のあるときとない時の差が激しいらしいので時期を考えていかないとむなしさを味わって帰る事となります。

 帰り花の寺と言われる応聖寺にたちより沙羅双樹の花をと思ったが花は散っていました。
堂内でのお説法の声をバックに睡蓮が花を咲かせていました。

 
神社からの七種の滝


上部


光の差込を待っていたのに(ノ△・。)


八龍滝・・横の葉っぱが岩タバコ


虹が滝から見る太鼓橋と鳥居


虹が滝の写真は没ばかりでした(w_-; ウゥ・・

つぼみが可愛くって・・










theme : 滝、渓流の写真
genre : 写真

line

横行渓谷と滝&三つ滝

平成20年5月28日(水)

 朝、何処の滝に行こうか迷う。雨滝、七種の滝、・・迷いながらとにかく空いたポリ缶つんで出発。
とりあえずエンジンスタート、そして迷いつつ車は山崎方面に向かった。この時点で七種の滝は消えていたがふっと以前いただいた一宮町の小冊子の表紙を飾っていた蓮華の滝を思いそちらへと向かう。しかし交差点を曲がりそこねて大屋へと抜けてしまった。
 それなら前回雪であきらめた横行渓谷へと・・・

 一宮から明延鉱山を通り大屋へとはいり天滝方面へ走る。天滝も魅力的だが今回は素通り。
中間から横行へと走り「ぶなのしずく」という水汲み場でポリに組み込み渓谷へとはいった。
途中、途中の緑のなんと美しい事、黄金色に輝くヒメレンゲがこの時期目を楽しませてくれる。
 横行渓谷の滝もパシャパシャ、そして終点の休憩所に車を置き三つ滝へと向かった。
三つ滝の一つは昨年は水が流れていなかったが、今回はかろうじて流れており何とか三本とも見ることが出来た。
 そこから引き返そうと思ったが氷ノ山の大段平登山口方面と車を走らせた。登山口では山菜採りの方たちだろうかかなりの車が止めてあり人もあちらこちらに大勢いた。
 悪路を走りぬけ道の駅酒蔵でやっと遅い昼食にありつけた。




渓谷・・・もみじの向こうはヒメレンゲの群生


同じ場所から


一の堀滝・・



一の堀滝 ちょっとだけUP


三つ滝その一 水がない(^▽^;)


三つ滝その2 美しい立ち姿です


落水点も美しいです


三つ滝その3・・今回はちょっとだけ水がありました


道路沿いの流れ


今回注意して走ったにもかかわらず残念ながら一の渡滝の勇姿をみそこねました(w_-; ウゥ・・







 

theme : 滝、渓流の写真
genre : 写真

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

hiro

  • Author:hiro
  • 発信   兵庫県
    性別   女性
    血液型  B型
    星座   みずかめ座

    ※姉妹ブログ「過去りし日々」
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。